プレスリリースを無料配信するには?

  • URLをコピーしました!
プレスリリース 無料配信

どんな手段でプレスリリースを配信するかで、その効果は天と地の差。

プレスリリースの配信方法は多岐にわたります。まずは無料でチャレンジするために、効果的なプレスリリースの配信方法をまとめました。無料で使えるサービスのリンクもつけているので、ぜひそちらもご覧ください。

目次

そもそもプレスリリースとは?

企業がPRしたいないような知らせたい情報を紙面にまとめてメディアに配信する「プレスリリース」。企業とメディアを結ぶ最も基本的な手段です。

1枚のプレスリリースをきっかけに製品・サービスが取り上げられ、数多くのマスコミでと紹介されることで、多くの反響を得ることも少なくありません。ただし、メディアには毎日数えきれないほどのプレスリリースが届きます。その中で自社のプレスリリースを取り上げてもらうのは簡単ではありません。

数あるプレスリリースの中からメディア関係者の目に留まり、読んでもらう、メディアにどう興味を持ってもらうかを意識する必要があります。プレスリリースの書き方についてはこちらの記事を参考にしてみてください

しかし、プレスリリースは書いて終わりではありません。せっかく作ったリリースをより多くの方に目にして欲しい。ではどのようにプレスリリースを配信すれば良いのでしょうか?

プレスリリースを配信する方法

プレスリリースを作成したら、次は配信です。どんな手段でプレスリリースを配信するかで、その効果は天と地の差。 実施の難易度順に、大きくは下記3つに分けることができます。

  1. プレスリリース配信サービスを活用する
  2. 記者クラブに投稿する
  3. メディアに直接送る

それぞれにメリット・デメリットがあるので、配信方法ごとのポイントをこちらの記事で確認、参考にしてみてください。

無料のプレスリリース配信サービスを使う

プレスリリース配信をする上で、最もハードルが低いのがプレスリリース配信サービスについてご紹介します。大手のPR TIMESをはじめ、様々な配信サービスが存在しますが、無料で使えるサービスも複数あります。

ぜひ参考にしてみてください。

プレスリリース配信サービスとは?

プレスリリースを代わりにメディアに届けてくれるサービスです。TV・新聞をはじめとしたメディアが情報受け取りの登録をしているため、このサービスを通して配信することで情報を届けることができます。

プレスリリース配信サービスを活用する最大のメリットは、なんといってもメディアとの繋がりがなくても、メディアに直接連絡を届けることができ、リリースを見てもらえる可能性があること。より多くの媒体に届けたいと考える企業とは相性が良い配信方法です。また、配信サービスを見る一般消費者も増えており、メディアに取り上げられなくても直接消費者の目に触れる可能性があることも見逃せません。

一方、デメリットは必ず掲載される確証がないこと。これは直接メディアに届けても紹介されるかどうかわからないのと同じです。同サービスから毎日多くのリリースが配信されるため、メディア関係者の目に留まりにくくなってしまうことは認識しておく必要があるでしょう。

無料で使えるプレスリリース配信5選

PR TIMES(ピーアールタイムス)  * 無料 スタートアップ チャレンジ

プレスリリース 無料

PR TIMESは日本の上場企業のうち43.54%が利用。これまで40,000社以上の企業がPR TIMESでプレスリリース・ニュースリリースを配信しています。全12,000媒体超の配信ネットワーク&19,000名超の個人記者・編集者の会員ネットワークを持つ拡散力国内No.1のPRサービス です。

無料で活用するために下記の条件はありますが、業界最大手のPR TIMESでも無料利用が可能です。私が支援している複数の企業でもお世話になっています。

  • 会社設立24か月以内
  • 上場企業の子会社ではないこと
  • 広告代理店やPR会社を利用していないこと
  • 法人格の営利法人
  • PR TIMESに企業登録を申請し、フォロワーを3人以上集める

Value Press(バリュープレス)

プレスリリース 無料

65,000社が活用するプレスリリース配信サービスです。11,000 件のメディアリストを保有していて、記者の好みのジャンル、カテゴリ、キーワードを元に配信してくれます。プレスリリースの書き方やひな形なども用意されていて、プレスリリース初心者にも参考になるサイトになっています。(サービス案内資料)

PR TIMES同様有料のサービスですが、プレスリリース掲載と、メディア20媒体へプレスリリースを配信できる無料のお試しプランがあります。

DIRECT PRESS(ダイレクトプレス)

プレスリリース 無料

作成したプレスリリースをウェブサイト上に掲載する営業支援・広報支援型プレスリリース配信サービスです。

こちらのサービスでも「指定のフォーム」より無料で配信することができます。

PR-FREE(ピーアールフリー)

プレスリリース配信サービス

完全無料でプレスリリースを多様なメディアに配信できるプレスリリースサービスです。

プレスリリースの投稿はフォームから入力するだけ。 最短30分で各種メディアにリリースが配信されます。

プレスリリース ゼロ

プレスリリース配信サービス

新聞、雑誌、インターネットメディアを中心に無料でプレスリリース配信が可能なサービスです。

参考:無料だけじゃない、有料で使えるプレスリリース配信サービス

今回は無料の配信サービスをご紹介しましたが、有料だからこそその効果の高さを期待できるサービスもあります。下記もぜひ参考にしてみてください。

■ @Press

記事になりやすさ国内No.1のプレスリリース配信サービス

共同通信PRワイヤー

新聞社と強い繋がりを持つ共同通信グループの信頼性と、メディア視点の充実したプレスリリース配信サービス

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる